メルディアグループはこれからも子どもたちが
健やかに成長できる生活空間をデザインし続けます。

メルディアグループはそこに住まわれる
ご家族全員の幸せな未来に寄り添い続けられるような
住宅を提案し続けます。

メルディアグループでは、ご家族全員が幸せで快適な生活空間をご提供することで、
お子様の健やかな成長を共に見守ることのできる住宅づくりを目指しています。
社会的に評価いただける商品を日々研究し続け、住宅を通じてよりよい未来の創造を目指します。

ここでは、3年連続受賞となったキッズデザイン賞の作品と、
その他にもより良い生活空間のご提案内容を紹介致します。

メルディアグループは
3年連続キッズデザイン賞を受賞しています!


※外部サイトにリンク

キッズデザイン賞とは

キッズデザイン賞は、子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・サービス・空間・活動・研究を対象とする顕彰制度です。

すべての子どもは社会の宝であり、未来そのものです。キッズデザイン賞は、多様なステークホルダーとともに子どもの未来が持続的で明るいものであるように、「子どもたちが安全に、そして安心して暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・サービス・空間・活動・研究の中から、子どもや子育てに関わる社会課題解決に取り組む優れた作品を顕彰するものです。


※外部サイトにリンク

作品事例

黒板でみんなに伝える
「アウトサイドベース」

個性を育て見守る、
子どものための「キッズハブ」

お子様との連絡を楽しくする
「お母さんポスト」

家事を見える化
「家事習慣が身につく家」

デザイン性の高さと
生活動線の良さを両立
「家事らくプラン」


※外部サイトにリンク
干すだけじゃない!
バルコニーは暮らしを楽しむ場所!

黒板でみんなに伝える「アウトサイドベース」

お庭の代わりにバルコニーにひと工夫。より豊かな暮らしを演出します。
前室の黒板を使って、楽しいアイデアをみんなに伝えてください。


※外部サイトにリンク
大黒板

マグネットも使用可能な黒板を使ってアウトサイドベースでやりたいことを家族みんなに伝えることができます。

吹き抜け

吹き抜けを介してリビングとインフォメーションスペースがつながります。

ハンガーパイプ

ハンガーパイプを設置しました。室内干しスペースとしてはもちろんのこと、ちょっとした小物を吊るして自分のお好みの空間を作ることもできます。

カウンター

カウンター上部には、コンセントを設置。お子様の勉強スペースや趣味のお部屋としても使えます。

バルコニー照明

夜でもバルコニーを楽しめるよう照明を用意しました。 夜空の下、勉強や、お食事なども楽しめます。

シンク付きカウンター

アウトドア用品や部活動で汚れたものを洗ったり、植物の水やりをしたり、様々な用途で使えるシンク付きカウンターです。

物干しポール

スポーツシューズなど干したり、ガーデニング用品をかけておいたり、色々使える物干しポールです。

たとえばこんな使い方…

●アウトドアの準備・片付け

キャンプで使った道具をみんなで洗えるスペース。黒板にそれぞれの役割分担を書いて楽しく片付けができます。

●青空レストラン

バルコニーで育てた野菜をサラダにしたり、青空の下でのクッキングや食事は室内では味わえないワクワクの演出が満載です。

●ガーデニング

黒板に種を蒔いた日や花が咲いた日を書いておき家族みんなで日々の成長を楽しめる。水栓もあるので水やりもスムーズです。


※外部サイトにリンク
お子様の個性を活かして伸ばす!
使い方は無限大!

個性を育て見守る、子どものための「キッズハブ」

リビングとつながっている、使い方自由な「キッズハブ」はお子様の自主性と創造力を育みます。
お子様の成長を見守ることができ、個性に合わせて使い方を変化させていける便利で機能的な空間です。


※外部サイトにリンク
採光窓

カウンターを開くと現れる窓からの自然の光はお子様の目にも優しく勉強もはかどります。

ハンガーパイプ

洋服をかけるハンガーパイプはお子様でもかけやすいように低いところに設置しました。

壁掛けボード

カウンターの裏面は、フックがかけられるようになっていて、壁掛け収納として使用するこもと可能です。

壁面黒板

壁一面の黒板に思いっきり落書きができます。お子様の創造力が開花しそうなスペースです。

コンセント

勉強や、工作などの作業を行う時は、カウンター内にコンセントがあるので、手元灯や、工作機器をかんたんに使えます。

大型カウンター

使用しないときには、たたんでおける大型カウンター。お部屋を広く使うための工夫です。開閉の際はゆっくりと動くダンパーを使用し安全面にも配慮しています。

リビングからの目線

リビングと隣接しているからお子様の様子を感じて、成長をいつも見守ることができます。


※外部サイトにリンク
「ただいま」とポストインが我が家のルール。お便り等の整理もお手軽簡単。

お子様との連絡を楽しくする「お母さんポスト」

リビング空間に学校からのお便りなどを受け取ることができる、お母さんの専用書斎スペース。
お子様がポストに投函するような遊び心で楽しみながら習慣化することができ、出し忘れも減ります。


※外部サイトにリンク
お母さんポスト投函口

学校から帰ってきたお子様が、カバンを置くまでの動線上に配置するのが習慣のポイント。お子様の背の高さも考えて使いやすくしました。

書類保管スペース

書類はその場で管理できるようポストの下には棚を設置して、かんたんに整理・保管ができるようにしました。

お母さんのフリースペース

家事の最中のちょっとした隙間に雑誌やスマホをみるスペースとしても活用できます。

室内窓

室内窓を設けることによってお子さまが帰宅したことを見てリビングにいながら確認できます。

お母さんポスト使用例

●ただいま

帰ってきたら、”ただいま”と元気で大きな声で。

●ポストイン

学校からのお知らせはリビンクに入ってすぐの”お母さんポスト”へポストイン。習慣化することで連絡忘れも軽減します。

●着替え

お子さまが着替えをしているスキに書類を確認。その場に保管管理スペースもあるので便利です。

毎日かならず通る場所に家事スペースがあるので、お子様が自然にお手伝いするようになり、自主性が育まれます。

家事を見える化「家事習慣が身につく家」

コミュニケーションの一つとして、楽しみながら家族みんなが家事に参加できます。
自然と“気づき”が生まれ、優しさが育つ空間です。

シーリングファン

シーリングファンを設置して雨の日の換気にも配慮。

洗濯物用の棚

たたんだ洗濯物は、ここに家族ごとに分類しておきます。あとは自分でお片付け。棚の上段はタオルなど、共用の洗濯物を置いたりして使えます。

物干しポール

十分な長さを確保しているので洗濯物が多い時も安心です。窓が近いのでより効率よく乾かすことができます。

カウンター

「たたむ」ためのカウンターにはアイロンやサーキュレーターファンを使えるようにコンセントを設置しています。

出窓スペース

干場を出窓形状にすることで、洗濯物を干しても、スペースが広く使えます。出窓部分は洗濯カゴを置くのに便利です。

見守り目線

キッズスペースはリビングのどこにいても見える位置にあり、安心です。反対に家事スペースはリビングから見えないので、来客時も気にせず洗濯物を干せます。

キッズスペース

家事スペースの下は、キッズスペースとして活用。床は畳なのでお昼寝したりもできます。キッチンからも目が届きお母さんも安 心です。

洗濯物の流れ


※外部サイトにリンク
機能性だけじゃなく、家全体のバランス
こそが住みやすさの基本です

デザイン性の高さと生活動線の良さを両立「家事らくプラン」

デザインを追求しつつも家事動線にも気を配った最適な間取りをご提供いたします。
デザインと機能性の両立を考え、住み心地を追求します。


※外部サイトにリンク

家事動線を意識した間取

1階にLDKと水まわりを集約しました。家事動線がコンパクトで移動の負担の少ないよう設計しております。

部屋干しスペース

洗濯物の室内干しスペースも完備。梅雨や花粉の季節でも干す場所に困りません。

壁掛けボード

「見せる収納」として壁におしゃれな小物を掛けられます。

お母さんポスト

03参照。

キッズハブ

02参照。

ウッドデッキ

バルコニーはウッドデッキになっており、2階にいながら庭があるような空間を演出しています。

家事動線を意識した間取

1階にLDKと水まわりを集約しました。家事動線がコンパクトで移動の負担の少ないよう設計しております。

造り付け本棚

2階ホールには造り付け本棚があり、読書スペースとしてもお使い頂けます。

壁掛けボード

「見せる収納」として壁におしゃれな小物を掛けられます。

屋根付きベンチ

玄関前に屋根のあるベンチがありちょっとした憩いの場として使用できます。家の前で遊ぶお子様を見守るスペースとしても最適です。

玄関手洗い

帰ってきてすぐに手を洗う事ができ、習慣化することができます。

キッズハブ

02参照。

部屋干しスペース

洗濯物の室内干しスペースも完備。梅雨や花粉の季節でも干す場所に困りません。

ウッドデッキ

ウッドデッキではバーベキューや子供用プールなどをお楽しみ頂けます。

お子様を優しくHUGするように…。

何にでもなれるお子様の可能性を育む空間創りを
メルディアグループが発信します。