1. ホーム
  2. ニュース
  3. 千葉県市川市若宮3丁目の2棟の分譲住宅がケイミュー施工事例コンテスト2017「首都圏エリア賞」を受賞
リリース

千葉県市川市若宮3丁目の2棟の分譲住宅がケイミュー施工事例コンテスト2017「首都圏エリア賞」を受賞

「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループ 株式会社三栄建築設計(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小池信三、以下 三栄建築設計)が、開発・販売した、2棟から成る分譲住宅(千葉県市川市若宮3丁目)が、外壁材メーカーであるケイミュー株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:野浦高義)が主催の「ケイミュー施工事例コンテスト2017」において、「首都圏エリア賞」を受賞いたしました。ケイミュー施工事例コンテストは、ケイミュー商品(カタログ掲載品)を使用し、完成させた物件を対象としたコンテスト。
今回受賞した2棟の分譲住宅は、それぞれの外観フォルムを直線的なシンプルなものにしつつ、石材調やアイアン手すりを外壁のアクセントとして使用し、オフホワイトの色調で統一することで現代的かつ、上品なフレンチスタイルの住宅に仕上げました。また、緑ゆたかな環境と周囲の既存住宅との調和を考え、石畳と植栽を配置しております。

◎審査員の評価コメント
洋風デザインらしいシンメトリーが取れている綺麗なデザインとなっています。
また、2階部分の壁位置が後ろに下がっていることで奥行きが生まれ、ボリューム感のある立体的なデザインとなっています。

【外観写真】

◎企業理念の「同じ家はつくらない」を実現するために
メルディアグループ 株式会社三栄建築設計は、「同じ家はつくらない」というポリシーのもと、高い技術力と施工力を駆使して、都市部・都市周辺地域において、他社が敬遠するような狭小の14坪~18坪ほどの土地に、約30坪(約100平米)の木造3階建てをつくり、販売してきた実績があります。そのため、主力事業は分譲住宅ですが、均一化を目指すための規格品は存在いたしません。
そのような三栄建築設計のポリシー、ビジネスモデルを支えてきたのは、全ての分譲住宅の現場で結成されるプロジェクトチームです。
それぞれの現場のプロジェクトチームが、他社が追随できない設計・デザイン・居住性を兼ね備えた分譲住宅をつくり続ける為に、社外のコンペに参加する機会を与える他、自社で独自の表彰制度「デザインアワード」を月1回実施。3階建て部門、2階建て部門、インテリア部門の3部門で最も優れた作品を月1回の社内投票で競い、年に1度、期末に最優秀賞を決定することで、社内のモチベーション向上や「同じ家はつくらない」の理念を実現・商品力の向上につとめております。

【当リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社 三栄建築設計 管理本部 経営企画部 広報室 榎本・竹内
電話:03-5381-3213 FAX:03-5381-3200
メール:prd@san-a.com

share

  • twitter
  • facebook
  • line