1. ホーム
  2. ニュース
  3. 2018年度大阪市中高層建築物・建築主の届け出件数 メルディアグループ シード平和が第3位に
リリース

2018年度大阪市中高層建築物・建築主の届け出件数 メルディアグループ シード平和が第3位に

「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループ株式会社三栄建築設計(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小池信三、以下、三栄建築設計)のグループ会社であるシード平和株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:小池信三、以下、シード平和)は、2018年度大阪市中高層建築物・建築主の届け出件数が11件で第3位に入りました。

■自社開発マンションの建築件数が増加
届け出件数増加の要因は、自社開発用地の仕入れが順調に進み、マンションの建築が増加したためです。確かな技術で信頼性を確保し、関西の有力ディベロッパーからの建築請負事業の安定的な受注もいただくことができ信頼度と知名度のアップと共に用地紹介などもいただくことができました。

■建築請負受注に対する構造改革の結果、資金調達が可能に
シード平和では以前土地所有者への土地活用提案営業事業を中心に行っていましたが、小規模な案件受注の繰り返しで利益を生み出すことが困難になり2009年から2013年3月期は赤字へ転落しておりました。2014年3月期より資金力・信用力のあるメルディアグループ傘下に入ることにより個人向け営業からディベロッパー営業へとシフトし、大型建築請負の受注が増え5期連続の増収増益となっております。売上・利益の拡大と共に銀行からの信頼も得ることができ自社開発のための資金調達が可能となりました。

■自社ブランドファミリーマンション「ラウロシリーズ」
シード平和では自社設計・施工の強みを活かし、自社分譲マンション「ラウロシリーズ」を展開しております。
・Lead/次代を先駆ける。
・Attract/人を惹きつける。
・Universal/時を越える。
・Realize/願いを叶える。
・Only/ただ、ひとつの住まい。
この5つの想いを込め、頭文字を取りブランド名にしました。ラウロシリーズはその土地・その環境に合わせ1棟1棟企画しております。メルディアグループのポリシー「同じ家は、つくらない。」を活かした規格化されていないマンションづくりを行っております。

■関西トップクラスの総合建設会社への飛躍へ
今後も中期経営計画にて掲げた「関西トップクラスの総合建設会社への飛躍」「売上高500億円を視野に入れたビジネスモデルの確立」を目標に、関西有力ディベロッパーとの更なる関係強化・マンション、戸建用地等の安定した開発用地仕入れ、建築技術の更なる強化を目指してまいります。

【当リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社 三栄建築設計 管理本部 経営企画部 広報室 榎本・大野
電話:03-5381-3213 FAX:03-5381-3208
メール:prd@san-a.com

share

  • twitter
  • facebook
  • line