1. ホーム
  2. ニュース
  3. 2回連続 通算3度目の受賞! 「東レラップサイディングフォトコンテスト2019」佳作受賞
リリース

2回連続 通算3度目の受賞! 「東レラップサイディングフォトコンテスト2019」佳作受賞

「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループ 株式会社三栄建築設計(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小池信三、以下三栄建築設計)で建築した戸建注文住宅が、東レACE株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小川淳一、以下東レACE)主催の「東レラップサイディングフォトコンテスト2019」で 「佳作」を受賞いたしました。

■受賞作品「M様邸」について 
施主様より「シンプルな外観で」というご要望があり、外壁は1色でご提案することを考えました。間口が狭く、のっぺりとした外観の印象を強調させないように表情のある東レACEのラップサイディングを使用し、素材感と凹凸を出しました。
最初は茶系の色味の外壁が施主様のご希望でしたが、打合せを重ねていきながら最終的には落ち着いたブルーの木調に決められ、「こちらにして正解だった」と施主様からご満足いただきました。

■東レラップサイディングフォトコンテストについて 
東レラップサイディングフォトコンテストは東レACEの商品「ラップサイディング」の施工物件を対象にした事例コンテストで、2012年から行われています。三栄建築設計の佳作受賞は前回に続き2年連続、通算で3回目となります。

■注文住宅事業について 
三栄建築設計の注文住宅ブランド「SPUR」は、2019年3月に現在のトレンドやお客様のニーズに合わせ全面リニューアルいたしました。また、2019年4月にはウィズ・ワン事業譲受に伴い、より幅広いお客様への要望にお応えすべく、「SPUR」と「ウィズ・ワン」の2ブランドで事業展開しております。

■企業理念の「同じ家はつくらない」を実現するために
メルディアグループ 株式会社三栄建築設計は、「同じ家は、つくらない。」というポリシーのもと、高い技術力と施工力を駆使して、都市部・都市周辺地域において、他社が敬遠するような狭小の14坪~18坪ほどの土地に、約30坪(約100平米)の木造3階建て住宅をつくり、販売してきた実績があります。そのため、主力事業は分譲住宅ですが、均一化を目指すための規格品は存在いたしません。
そのような三栄建築設計のポリシー、ビジネスモデルを支えてきたのは、全ての分譲住宅の現場で結成されるプロジェクトチームです。それぞれの現場のプロジェクトチームが、他社が追随できない設計・デザイン・居住性を兼ね備えた分譲住宅をつくり続ける為に、自社で独自の表彰制度「メルディアデザインアワード」を月1回実施しております。3階建て部門、2階建て部門、インテリア部門の3部門で最も優れた作品を月1回の社内投票で競い、年に1度、期末に最優秀賞を決定することで、社内のモチベーション・商品力の向上につとめております。

■社外コンテストへの積極的な参加
自社独自の表彰制度だけにとどまらず社外のコンテストへも積極的に参加する機会を設け、社外コンテストを受賞した社員への社内表彰も行っております。公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」においては戸建分譲住宅で2017年・2018年2年連続「グッドデザイン賞」を受賞いたしました。
今後も当社の創業理念である「公共の芸術性とお客様の夢の両立」を目指してまいります。


     

【当リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社 三栄建築設計 管理本部 経営企画部 広報室 榎本・大野
電話:03-5381-3213 FAX:03-5381-3208
メール:prd@san-a.com

share

  • twitter
  • facebook
  • line