1. ホーム
  2. ニュース
  3. メルディアグループ注文住宅を強化拡大!住宅展示場を首都圏で3箇所同時オープン! 5月1日㈮ 草加・立川・横浜(平沼橋)
リリース

メルディアグループ注文住宅を強化拡大!住宅展示場を首都圏で3箇所同時オープン! 5月1日㈮ 草加・立川・横浜(平沼橋)

「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループ 株式会社三栄建築設計 (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小池信三)は、首都圏で3箇所同時に展示場を新規開設いたします。
当社の注文住宅ブランドSPUR(シュプール)を冠した、「SPUR立川住宅展示場」、「SPUR草加住宅展示場」、「SPUR平沼橋住宅展示場」が5月1日に同時開設となります。
※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、予約制での受付及び対応となっております。
※事前の予約なしでは対応できかねる場合があります。見学の際は当社HPより予約が可能です。

三栄建築設計SPUR住宅展示場外観

■展示場開設の背景
当社は、首都圏エリアにおいて「同じ家は、作らない。」をコーポレートメッセージに掲げ、分譲住宅でありながらデザインと高い技術力と施工力を駆使して、都市部・都市周辺地域において、他社が敬遠するような狭小の14坪~18坪ほどの土地に、約30坪(約100平米)の木造3階建て住宅をつくり販売しております。
分譲住宅で培ったノウハウを活かし、2009年3月より注文住宅・請負受注を目的とした、住宅営業課(現:住宅営業部)を新設。注文住宅の受注にも注力。注文住宅の接客に関しては東京都杉並区にある拠点1店舗のみで対応してまいりました。

■展示場開設の狙い
当社の注文住宅の平均販売価格は約2,400万円で、同じ品質の注文住宅を他のハウスメーカーで建築した場合より2割程度安く建築する事が可能です。その理由として、分譲住宅の供給件数が年々増加しているため(年間約2,000棟)、スケールメリットにより原価を抑える事が可能なことが挙げられます。
今回出店する3エリアは、コスト意識の高いエリアであると同時に当社分譲住宅の強いエリアでもあります。出店を機に郊外エリア出店の試金石として注文住宅でも進出し、更なるメルディアグループの事業拡大を目指します。

■各住宅展示場の概要
■「SPUR 草加住宅展示場」
住所:埼玉県草加市瀬崎2-34-3 TBSハウジング草加展示場
SPUR草加住宅展示場

1階が親世帯、2階が子世帯の2世帯住宅となっています。外部は白を基調に流行りのブラウンのルーフバルコニーを設置、スタイリッシュな外観とし人気のあるテイストに仕上げました。内装材や設備は、手が届く高級住宅を目指し、メリハリのある材選びを行っています。1階には広い玄関とオープン階段。見せたい壁にはヨーロピアンオークのデザインパネルを設置して木造らしい空間と開放感を作り上げています。

■「SPUR 立川住宅展示場」
住所:東京都立川市泉町935-1 ABCハウジングワールド立川
SPUR立川住宅展示場

1階が親世帯、2階が子世帯、3階がルーフバルコニーとなっています。1階、2階とも家事動線を意識した間取りで、階段の踊り場に世帯同士のコミュニケーションができるスペースを設けています。壁には機能性デザインクロス、タイル、漆喰を組み合わせた事によりお客様がイメージしやすいよう使い分けました。インテリアは、流行の色使い、照明も明る過ぎず落ち着いた雰囲気で全体をコーディネート。1階は造作家具や造作収納、人気のある高額な設備を配置し高級感と手造り感を前面に押し出しています。
2階は、当社の標準的な仕様で仕上げています。当社の標準的な仕様でも同業他社には負けないが、差別化する事で顧客がイメージを持たせやすくしました。外観は、壁を立ち上げることで木造住宅とは思えない重厚感と存在感を再現。パワーボードとフラット目地工法(※1)を組み合わせ、塗り壁のようなデザインと耐火性能、遮音性能、耐久性など性能面でもサイディングや全面塗り壁とは差別化しています。
※1 フラット目地工法:パワーボードを使用しながら塗り壁調に仕上げる工法

■「SPUR 平沼橋住宅展示場」
住所:神奈川県横浜市西区西平沼町6-1 tvkハウジングプラザ横浜
SPUR平沼橋住宅展示場

2世帯住宅をコンセプトとした間取り。エントランスは、奥行き感のある大開口の奥にあるパティオ(※2)に映える植栽と、3階までの吹き抜けの解放感は贅沢でゆとりある幅の鉄骨階段により安心感をもたらします。
1階は親世帯の空間。貫禄のあふれる色味を基調とし、ホテルライク(※3)なゴージャス感を演出。リビングの吹き抜けによる解放感と、高い天井までの壁面のディティール、存在感のあふれるキッチンと壁面の大理石貼りとしています。2階は、子世帯のリアルサイズなプライベート空間と、豊富な収納内には個の空間も設けています。子世帯の団欒の場所であるLDKはで生活イメージが体感でき、水回りとの一体感を出して家事動線を考えた効率的な配置に。1階から3階を結ぶ階段ホールでは子供が勉強できるようなカウンターを配置。同時に多目的な用途として作られたスペースは、過去施工実績において、お客様からの要望を活かして生まれました。
※2 パティオ:住宅建築で、壁や柱廊で囲われた戸外の空間。
※3 ホテルライク:住宅をホテルのような間取りやインテリアにする事。

■注文住宅ブランド「SPUR」について
「SPUR」は「軌跡」を意味するドイツ語です。自由に描かれる想像力の軌跡、そして家族の軌跡が紡がれる場所としての住まいを表現しました。また「Superior(上質)」「Pride(誇り)」「Unique(唯一の)」「Relax(寛ぎ)」の頭文字を重ねた、この上なく寛げる自慢の住まいを表す造語でもあります。

【当リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社 三栄建築設計
管理本部 経営企画部 広報室 榎本・鴨川
電話:03-5381-3213 FAX:03-5381-3208

share

  • twitter
  • facebook
  • line