Plan間取り

 

1Fは「Small House Town」の特徴が最も具現化されています。小さな「内部空間=へや」と小さな「外部空間=にわ」が敷地内に散在し、3棟で1棟にも見えるような全体構成で、一見すると何処が「へや」で何処が「にわ」なのか区別が付きにくい不思議な空間の連続です。敷地面積を最大限有効活用し、一般的な分譲住宅では裏(外構)になる場所を面白さや豊かさに変えた計画です。

「内部空間=へや」
3棟とも1Fに3部屋(主寝室×1・子供部屋×2)計画しました。開口部位置や、家具配置を綿密に計算し、造作家具を設置する事で十分な収納能力を完備しています。各部屋で全てフローリングの樹種を変え、それぞれの部屋・空間がキャラクターを持つよう設計しています。
浴室
特注製作したこの世で一つだけのオリジナル風呂です。大胆で大きな開口部は、都心の個人住宅でありながら露天風呂のような開放感を獲得しています。床壁天井とも、色は「White」を使用し素材はFRP防水で仕上げる事で、衛生面や掃除にも配慮しました。洗面所との仕切りは強化ガラスを選択し、洗面所と浴室が一体空間のように広く感じられます。
開口部
各棟各部屋の内部プライバシーを守りながら、採光や開放感を獲得出来るよう綿密に計画した開口部は、太陽の動きに伴って幻想的な影を内部の壁に落とします。「外部空間=にわ」に面した壁には大きな開口部を設置する事で、「内部のような外部」「外部のような内部」を作り出しています。
「外部空間=にわ」
「様々な形、特徴を持った「外部空間=にわ」が敷地内に散在し、全体を構成しています。常緑樹と落葉樹を混在させ、四季を楽しむことが出来ます。地面には様々なグランドカバーが配され、四季おりおりの花を咲かせ、計画地内全てに「グリーンカーペット」を形成しています。
階段
各居室の床面積を出来るだけ確保するために、階段を最小限の面積に抑えられる回り階段を選択しています。床壁天井全て白で仕上げ、上下階移動のスイッチ的役割を担っています。

「内部空間=へや」
3棟とも1Fに3部屋(主寝室×1・子供部屋×2)計画しました。開口部位置や、家具配置を綿密に計算し、造作家具を設置する事で十分な収納能力を完備しています。各部屋で全てフローリングの樹種を変え、それぞれの部屋・空間がキャラクターを持つよう設計しています。
浴室
特注製作したこの世で一つだけのオリジナル風呂です。大胆で大きな開口部は、都心の個人住宅でありながら露天風呂のような開放感を獲得しています。床壁天井とも、色は「White」を使用し素材はFRP防水で仕上げる事で、衛生面や掃除にも配慮しました。洗面所との仕切りは強化ガラスを選択し、洗面所と浴室が一体空間のように広く感じられます。
開口部
各棟各部屋の内部プライバシーを守りながら、採光や開放感を獲得出来るよう綿密に計画した開口部は、太陽の動きに伴って幻想的な影を内部の壁に落とします。「外部空間=にわ」に面した壁には大きな開口部を設置する事で、「内部のような外部」「外部のような内部」を作り出しています。
「外部空間=にわ」
「様々な形、特徴を持った「外部空間=にわ」が敷地内に散在し、全体を構成しています。常緑樹と落葉樹を混在させ、四季を楽しむことが出来ます。地面には様々なグランドカバーが配され、四季おりおりの花を咲かせ、計画地内全てに「グリーンカーペット」を形成しています。
階段
各居室の床面積を出来るだけ確保するために、階段を最小限の面積に抑えられる回り階段を選択しています。床壁天井全て白で仕上げ、上下階移動のスイッチ的役割を担っています。

3棟共に2Fにリビング・ダイニング・キッチン・テラスを配置しています。建蔽率一杯まで敷地内に手を広げるように建物を配置し、効率的なプランニングを行う事で、より広く明るく魅力的な空間を獲得する事に成功しました。

吹抜け
3棟共にリビング上部は半層吹抜の空間が計画され、同じ床面積でもより広く明るく感じられます。吹抜の天井は構造材を表しで仕上げており、白ベースの内部空間のアクセントとしています。吹抜の壁至る所に開口部を設置し、太陽の動きによってそれぞれの開口部から様々な光が内部空間に導かれると同時に、幻想的な影を生み出します。C区画には吹抜の一部にミニマルな小屋裏を設け、遊び心のある余剰空間で子供の遊び場や小物を置いたり、日々の生活にゆとりやアクセントを付加します。
キッチン
特注製作したこの世で一つだけのオリジナルキッチン。3棟それぞれ異なるデザインが意図されており、それぞれの個性を演出しています。デザインはそれぞれの内装インテリアに溶け込むようシンプルな白で統一し、十分な収納能力を完備しています。
パーケットフローリング
フローリングはパーケットフローリングを一松貼りし、白ベース空間のアクセントになっています。全ての部屋でフローリングの樹種を変え、それぞれの部屋、空間がキャラクターを持つよう設計されています。
ワンルーム
リビング・ダイニング・キッチンはワンルームで構成され、同じ床面積でも広く明るく感じられるように意図されています。それぞれの棟でワンルームの構成を意図的に変え、各棟に個性が生まれました。

吹抜け
3棟共にリビング上部は半層吹抜の空間が計画され、同じ床面積でもより広く明るく感じられます。吹抜の天井は構造材を表しで仕上げており、白ベースの内部空間のアクセントとしています。吹抜の壁至る所に開口部を設置し、太陽の動きによってそれぞれの開口部から様々な光が内部空間に導かれると同時に、幻想的な影を生み出します。C区画には吹抜の一部にミニマルな小屋裏を設け、遊び心のある余剰空間で子供の遊び場や小物を置いたり、日々の生活にゆとりやアクセントを付加します。
キッチン
特注製作したこの世で一つだけのオリジナルキッチン。3棟それぞれ異なるデザインが意図されており、それぞれの個性を演出しています。デザインはそれぞれの内装インテリアに溶け込むようシンプルな白で統一し、十分な収納能力を完備しています。
パーケットフローリング
フローリングはパーケットフローリングを一松貼りし、白ベース空間のアクセントになっている。全ての部屋でフローリングの樹種を変え、それぞれの部屋、空間がキャラクターを持つよう設計されている。
ワンルーム
リビング・ダイニング・キッチンはワンルームで構成され、同じ床面積でも広く明るく感じられるように意図されています。それぞれの棟でワンルームの構成を意図的に変え、各棟に個性が生まれました。

  • B号棟内観CGイメージ

  • C号棟内観CGイメージ

  • D号棟内観CGイメージ

1Fの「外部空間=にわ」は緑のカーペットが広がっているのに対し、ルーフバルコニーは対照的な真っ白いカーペットが広がっています。それぞれの棟で2種類の高さのルーフバルコニーが計画されており、タラップでお互いを行き来できます。それはジャングルジムのような遊び心のある空間を意図しており、用途はバーベキューやパーティー、昼寝、日焼け、卓球、子供のプール、夜景鑑賞など、多目的に利用する事ができます。適所に配置されたトップライトは、ルーフバルコニーと2Fとの連続感を意図的に演出しており、横のつながりと同時に縦のつながりを獲得しています。各棟のルーフバルコニーは適度な距離を確保し、都心の密集地に位置しながら、自分だけの特別な場所を作ることができます。

植栽計画

常緑樹と落葉樹で限られた季節だけでなく、1年を通して植栽たちが様々な表情を見せます。まるでグリーンカーペットのような緑を目線より下に配置することで、「にわ」がもっと身近に。生き物として草木の成長を見越し、現在だけでなく長年楽しめる植栽計画になっています。

エゴノキ
エゴノキ科エゴノキ属の落葉高木。開花5月。ベル状に下がって咲く花は見もので、自然樹形の美しい樹木です。葉も小さく、枝も繊細なため、観賞価値が高いです。
ヒメシャラ
ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。開花6月。花も葉も小ぶりで、繊細。褐色の木肌も観賞価値が高いです。枝が細く枝分かれするため、枝葉が密な印象の樹形となります。
ハナミズキ
ミズキ科ミズキ属の落葉高木。開花4~5月。枝はしなやかに伸び、とても華やかに花が咲きます。上向きに花がつくので、上から見下ろすことで見応えが増します。
ヤマボウシ
ミズキ科ミズキ属の落葉高木。開花4〜6月。自然風な樹形で、雑木林のような雰囲気を楽しめます。夏は白い花、秋には赤い実も楽しめます。
シマトネリコ
モクセイ科トネリコ属の常緑高木。開花5~7月。常緑樹でありながら、落葉樹の趣があり、鑑賞木として高い人気があります。美しい小葉が規則的に並びます。
コブシ
モクレン科モクレン属の落葉高木。早春の3〜4月には大型の白い花がレモンのように香り、春の訪れを伝えてくれます。耐寒性、耐暑性があり、手間があまりかかりません。

各号棟 設備・仕様 間取り

C号棟 設備・仕様
間取りを見る
C号棟お問い合わせ
D号棟 設備・仕様
間取りを見る
D号棟お問い合わせ
B号棟 設備・仕様
間取りを見る
B号棟お問い合わせ

メルディア下北沢のホームページに掲載されている写真・イラスト・パースはイメージで、現況とは異なります。現況と異なる場合は現況を優先します。外構・外観・植栽・設備位置・仕上・仕様(設備も含む)・内容・寸法・周辺状況等は実際の商品と異なる場合があります。行政指導・設計上・施工上の都合または技術改良により予告なく変更する場合があります。施工上及び改善・改良のため図面と多少相違する場合があります。写真・イラストには一部仕様外のもの、一部合成処理を行ったものがあります。写真・イラストの色は、印刷の関係上、実際とは異なります。お打ち合わせの際、必ず実物のサンプル等でご確認ください。メルディア下北沢のホームページ内容を本来の目的以外に使用することや、当社の許可無く複製・転載することはご遠慮ください。

2017© MELDIA GROUP All rights reserved.

資料請求・お問い合わせ