環境

environment

森林

国産木材の活用推進

日本には豊富な森林が存在するにもかかわらず、木材自給率は未だ低い状況です。伐期を過ぎた木はしっかりと伐採し、その分の植樹を行うことが森林問題解決に大きく寄与します。
国産木材を使用した家を建てることで、国産材の需要拡大、活用促進に取り組んでいます。

日本木造分譲住宅協会

日本木造分譲住宅協会
2021年4月、三栄建築設計、オープンハウスグループ、ケイアイスター不動産の分譲住宅メーカー3社が手を組み、日本の森林問題・環境問題を国産材の利用を通じて解決する目的で、一般社団法人 日本木造分譲住宅協会を立ち上げました。国産木材の活用推進を通じてSDGsの課題解決や、サステナビリティにつながる取り組み行っています。

メルディアの森

メルディアの森
住宅の建築に使用する木材は、地球の豊かな自然によってもたらされる大切な資源であり、我々人の手によって作り出すことのできる、唯一の資源であると考えています。
そのため、木材の循環利用のサイクルを作り出すことを目的に、森林づくりをおこなっています。
植樹した苗木は約40年後に大きく成長し、当社が建築する住宅に使用することを目指し、日々育林に取り組んでいます。

TCFD提言賛同およびコンソーシアム参画

G20財務大臣及び中央銀行総裁の意向を受け、金融安定理事会(FSB)が設置した「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の最終報告書(TCFD提言)に賛同。
またTCFD提言へ賛同する企業や金融機関等が一体となって取組を推進し、企業の効果的な情報開示や、開示された情報を金融機関等の適切な投資判断に繋げるための取組について議論する場として「TCFD コンソーシアム」にも参画しています。

サステナビリティ委員会の設置

サステナビリティ委員会の設置
2022年4月、国産材の活用推進等の様々な課題の解決に資する取組を一層強化し、より機動的なサステナビリティ推進体制の構築を図る目的として「サステナビリティ委員会」を設置。
CO2排出量削減を含む様々な気候変動リスクと機会を捉え、積極的な取り組みと目標や進捗状況の開示を通じて、サステナブルな事業活動を推進しています。
サステナビリティ委員会組織図

「GXリーグ基本構想」賛同

経済産業省により設立された「GXリーグ基本構想」に賛同しています。
これは2050年カーボンニュートラル目標を実現し、GXに積極的に取り組む「企業群」が、官・学・金でGXに向けた挑戦を行うプレイヤーと共に、一体として経済社会システム全体の変革のための議論と新たな市場の創造のための実践を行う場として設立されたもので、当社の活動の方向性と合致すると考えております。

カーボンニュートラルへの取り組み

国産木材のイメージ画像
伐採された木を燃料に用いたり廃棄するのではなく、木材として活用することで、CO2の放出を止めることができます。
また国産木材を使うことで、輸送にかかるCO2の削減にも貢献します。